特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

10人死亡の米軍アフガン誤爆 米国防総省は処分しない方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国防総省の本庁舎「ペンタゴン」=高本耕太撮影
米国防総省の本庁舎「ペンタゴン」=高本耕太撮影

 米国防総省のカービー報道官は13日、アフガニスタンの首都カブールで8月29日に起きた米軍無人機による民間人誤爆で「個人の責任を問うことはない」と述べ、関係者を処分しない方針を示した。アフガン人の子ども7人を含む10人が死亡し、オースティン国防長官が9月に謝罪していた。

 アフガンを管轄するマッケンジー米中央軍…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文342文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集