特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

古都駆ける

高校駅伝’21 県勢の顔/上 大分東明・男子 選手たちの抱負 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 =カッコ内は学年、出身中学、5000メートルのタイム

岩下翔哉選手

 12月に自己記録を更新した。区間賞を取ってチームを勢いづけ、メダルを獲得したい。(3年、熊本・一の宮、14分10秒04)

熊谷悟選手

 都大路で出走できるよう頑張る。チームの足を引っ張らないよう、落ち着いた走りをしたい。(3年、福岡・東峰、14分56秒49)

柴戸遼太主将

 悔しい思いをした昨年のリベンジをしたい。都大路でも自分の役割を果たしたい。(3年、福岡・那珂、14分26秒36)

二瓶知哉選手

 区間1桁を目標にしっかりつなぐ走りをしたい。都大路まで気を抜かず、調子を上げたい。(3年、南大分、14分41秒34)

大戸悠揮選手

 高校最後の大会になるので、今までやってきたことを出し切って、悔いの無いよう頑張りたい。(3年、坂ノ市、15分19秒)

山下大翔選手

 10人目の選手として京都入りする。残り数日で7人目に追いつき、出走できれば全力で頑張りたい。(3年、国東、15分27秒6)

ダニエル・ディリツ選手

 県予選はしっかりと走ることができて良かった。都大路は区間賞を目指して頑張りたい。(2年、ケニア、13分18秒75)

束木原海選手

 ずっと都大路で走りたいと思っていた。チャンスがきたのでうれしい。最高の結果を出したい。(2年、碩田学園、14分55秒59)

有田湊選手

 九州大会は1位でたすきをもらったのに逆転された。都大路では最後まで諦めず頑張りたい。(1年、三重、15分15秒05)

松井一選手

 どの区間を任されても上位を狙い、チームの目標に貢献したい。力を出し切り、1秒でも削りたい。(1年、浜脇、14分32秒76)

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集