国交省、基幹統計調査票を無断書き換え 工事実績を二重計上

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の階猛氏の質問への答弁中に陳謝する斉藤鉄夫国土交通相(手前左)。同右端は岸田文雄首相=国会内で2021年12月15日午前9時23分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の階猛氏の質問への答弁中に陳謝する斉藤鉄夫国土交通相(手前左)。同右端は岸田文雄首相=国会内で2021年12月15日午前9時23分、竹内幹撮影

 建設業者が受注した工事の実績を集計する国の基幹統計を巡り、国土交通省が業者の提出した調査票を無断で書き換えるなどして二重計上していたことが判明した。国交省によると2013年から続けられ、工事の実績が実態よりも過大に計上されたという。国内総生産(GDP)算出などに影響を及ぼした恐れがあり、国交省は経緯や詳細を調べている。

 書き換えがあったのは、統計法に基づく基幹統計の「建設工事受注動態統計」。建設会社が民間企業や公共機関から受注した国内の工事の受注実績を集計、公表している。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文729文字)

あわせて読みたい

ニュース特集