防衛費、5.4兆円規模で最終調整 中国にらみ南西諸島の防衛力強化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 政府は2022年度当初予算案の防衛関係費(米軍再編経費を含む)を過去最大の5兆4000億円規模とする最終調整に入った。軍拡を続ける中国をにらみ、南西諸島の防衛力強化などに予算を重点的に振り向ける。複数の政府・与党幹部が15日明らかにした。今月下旬に閣議決定する。

 21年度当初予算(5兆3422億円)比で数百億円規模の増加となる。当初比の防衛費増は10年連続で、8年連続で過去最大を更新。20年度の名目国内総生産(GDP)は535兆円だったため、21年度の成長率が低水準だった場合、政府が事…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

あわせて読みたい

ニュース特集