「外国籍理由に生活保護却下は違法」 ガーナ人男性が千葉市提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
千葉市役所=千葉市中央区で2019年3月1日、斎藤文太郎撮影
千葉市役所=千葉市中央区で2019年3月1日、斎藤文太郎撮影

 外国籍であることを理由に生活保護申請を却下したのは生活保護法に反するとして、千葉市のガーナ国籍の男性(31)が14日、市に処分取り消しを求める訴訟を千葉地裁に起こした。

 訴状などによると、男性は日本語などを学ぶために2015年に来日、日本語学校を卒業した。就労ビザを取得してパン屋で働いていたが慢性腎不全などを患い、週3回の透析治療が必要となった…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

ニュース特集