特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「伊吹先生の議席守れ」激戦の衆院京都1区、買収容疑の府議に何が

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
激戦となった衆院選京都1区。支援者の話を聞く勝目康氏(左)=京都市上京区の出町桝形商店街で2021年10月22日午後4時43分、矢倉健次撮影
激戦となった衆院選京都1区。支援者の話を聞く勝目康氏(左)=京都市上京区の出町桝形商店街で2021年10月22日午後4時43分、矢倉健次撮影

 衆院選で「電話作戦」に従事した運動員に報酬を約束したとして、自民党所属の岸本裕一京都府議(68)が公職選挙法違反の疑いで書類送検された。舞台となった京都1区は当選12回の大物、伊吹文明・元衆院議長(83)が引退し、全国屈指の激戦区に。「伊吹先生の議席を守れ」。陣営関係者が焦りを募らせる中、異色の経歴を持つ府議に何があったのか。

 京都市中心部の中京区や下京区などをエリアとする京都1区。伊吹氏の後継となった自民新人の勝目康氏(47)、共産前職で党国対委員長の穀田恵二氏(74)、維新新人の堀場幸子氏(42)が三つどもえで争う選挙戦が展開された。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1033文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集