米軍タンク投棄 国、説明遅れ「米と連携不足」 青森知事に陳謝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
防衛省東北防衛局の市川道夫局長(右)から米軍のF16戦闘機の飛行再開について説明を受ける三村申吾知事(左から2人目)ら=青森市の県庁で2021年12月14日、丘絢太撮影
防衛省東北防衛局の市川道夫局長(右)から米軍のF16戦闘機の飛行再開について説明を受ける三村申吾知事(左から2人目)ら=青森市の県庁で2021年12月14日、丘絢太撮影

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に深浦町の住宅地付近に燃料タンクを投棄した問題で、防衛省東北防衛局の市川道夫局長は14日、県庁を訪れて三村申吾知事らと面談し、F16の飛行再開についての国の考え方などを伝えた。三村知事からは防衛省の対応について説明が遅すぎるとの指摘があり、市川局長は「米側との連携がよくなかった。反省している」と陳謝した。【丘絢太】

 市川局長は面談の冒頭で、タンク投棄から2日後の今月2日からF16の飛行が再開されたことに言及し、「大変遺憾」と表明。一方で、日米間で米軍の安全確保について議論を続けてきたことを明かし、「飛行の安全の確保が最大の優先事項であることに一致した。安全と事故の再発防止策を着実に進めていく」と話した。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文793文字)

あわせて読みたい

ニュース特集