新型コロナ 10万円給付 全市町、現金一括に 政府方針転換、対応追われ /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で10万円一括給付について説明する高松市の大西秀人市長=香川県高松市で2021年12月14日午後4時5分、川原聖史撮影
記者会見で10万円一括給付について説明する高松市の大西秀人市長=香川県高松市で2021年12月14日午後4時5分、川原聖史撮影

 18歳以下への10万円相当の給付策について、県内の全市町は24日以降に全額を現金で一括給付することになった。給付予定日が迫る中で国の方針がなかなか決まらず、自治体からは戸惑いや不満の声も出た。【喜田奈那、川原聖史、西本紗保美】

 宇多津町は15日、児童手当受給世帯の口座に10万円を一括で振り込むため、16日に臨時議会を開いて補正予算案を提案すると発表した。支給日は24日。申請が必要な公務員や高校生だけの世帯などは2022年1月中旬に書類を発送する。

 政府が現金一括給付の容認に転じたことについて、同町の担当者は「困っている家庭に迅速に給付できる」と安堵(あんど)した様子で語った。他の多くの市町も24日から児童手当受給世帯への給付を始める。三木町は12月下旬、小豆島町は27日、直島町は28日の予定。各市町の担当者からは「クーポンだと教育関連など子どもの買い物に使ってもらいにくい」「クーポンの対象商品をいちいち決める作業から解放されほっとした」「…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文906文字)

あわせて読みたい

ニュース特集