三菱UFJ銀・半沢淳一頭取、全銀協会長に内定 22年7月から

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国銀行協会の会長就任が内定した三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取=東京都千代田区の同行本店で、浅川大樹撮影
全国銀行協会の会長就任が内定した三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取=東京都千代田区の同行本店で、浅川大樹撮影

 全国銀行協会(全銀協)は16日、高島誠会長(三井住友銀行頭取)の後任に、三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取を内定した。2022年7月から23年3月末まで務める予定。当初はみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長を充てる案を検討していたが、相次ぐシステム障害で引責辞任が決まったため見送った。

 坂井氏はもともと今年4月の会長就任が内定していたが、システム障害を受け辞退し、高島氏が7月から引き受けた経緯がある。高島氏は16日の定例記者会見で…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文461文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集