特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

「国はどこが真摯なのか」赤木雅子さん抗議文提出へ 森友改ざん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国に対する訴訟の終結を受け、弁護団会議に出席する赤木雅子さん(左)=大阪市で2021年12月16日午前11時40分、松本紫帆撮影
国に対する訴訟の終結を受け、弁護団会議に出席する赤木雅子さん(左)=大阪市で2021年12月16日午前11時40分、松本紫帆撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書改ざんを苦に自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻が国に損害賠償を求めた訴訟が終結したことを受け、妻雅子さん(50)は17日に鈴木俊一財務相宛ての抗議文を財務省に提出する。

 雅子さんの弁護団が16日、大阪市内で対応を協議する会議で明らかにした。雅子さんが直筆の抗議文を持参し、国が一転して…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集