連載

往復食簡

「伝説の家政婦」タサン志麻さんと、和食店「賛否両論」の店主・笠原将弘さんがレシピを披露。料理のポイントを紹介します。

連載一覧

往復食簡

笠原将弘さんのレシピ タイと白菜の塩昆布サラダ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タイと白菜の塩昆布サラダ=尾籠章裕撮影
タイと白菜の塩昆布サラダ=尾籠章裕撮影

テーマは「おせちと一緒に」

火を使わずサッと作る

 タサンさんが紹介してくださったタブレは、野菜がたっぷり取れそうでいいですね。僕も、ごちそうが続くお正月は野菜が食べたくなります。

 おせちには入っていない野菜のうち、この時期に多く出回っている白菜を使ってサラダを作りましょう。お正月らしく豪華に、タイと合わせます。

 白菜は、中心に近い黄色い葉のほうが甘みがあって軟らかく、生で食べられるのでお薦め。「サラダに使うなら中の葉」と覚えてください。芯に近い白い部分は幅1センチ程度のそぎ切りに、柔らかい葉の部分は手でちぎります。今回使わなかった外側の葉は、鍋などほかの料理に使いましょう。

 サラダの材料をあえるときは必ず手を使って。まんべんなくしっかり味がなじみます。あまり長時間キッチンに立ちたくないお正月休みですが、火を使わずにサッと作れますよ。

 大ぶりの器にドンと盛って、作りたてのシャキシャキをいただきましょう。ワサビドレッシングが利いて、さっぱりした味わいです。

 今年の「往復食簡」はこれが最後。タサンさん、読者の皆様、よいお年を!

材料

(2人分)

刺し身用タイ  100グラム

白菜(中心に近い部分)  400グラム

塩昆布 10グラム

万能ネギ 5本

白ゴマ 小さじ1

A サラダ油 大さじ2

 酢 大さじ1

 ワサビ 小さじ1/2

 薄口しょうゆ 小さじ1

作り方

❶タイは幅2~3ミリのそぎ切りにする。

❷白菜の芯は1センチ程度のそぎ切りに、葉は手でちぎる。万能ネギは5センチ長さに切る。

❸ボウルにAを混ぜ合わせ、①②と塩昆布を加えて手でサッとあえる。

❹器に盛り、白ゴマをふる。

(1人前280キロカロリー)

有料会員の方は以下からレシピをダウンロードできます。

<レシピはこちらからダ…

この記事は有料記事です。

残り39文字(全文770文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集