猟銃許可取り消された原告が勝訴 ヒグマ駆除の発砲巡り札幌地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
札幌地裁=岸川弘明撮影
札幌地裁=岸川弘明撮影

 北海道砂川市の要請でヒグマを駆除したら「民家に向けた違法な発砲だった」と判断され、猟銃所持の許可を取り消された北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん=同市=が道に処分の取り消しを求めた訴訟で、札幌地裁(広瀬孝裁判長)は17日、「社会通念に照らして著しく妥当性を欠く」として原告の訴えを認め、処分を取り…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

あわせて読みたい

ニュース特集