特集

大阪ビル放火

2021年12月17日、大阪市の繁華街「北新地」の雑居ビルで火災が発生し、容疑者を含む27人が死亡しました。

特集一覧

クリニックでリワーク集会開催か 大阪ビル放火 患者ら密集の可能性

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現場クリニックの見取り図
現場クリニックの見取り図

 17日午前10時20分ごろ、大阪市北区曽根崎新地1の雑居ビル「堂島北ビル」で、「4階が燃えている」と多数の通行人らから119番が入った。4階にある心療内科の医療機関「西梅田こころとからだのクリニック」の一部が燃え、約30分後にほぼ消し止められた。大阪府警などによると、男女28人が負傷し、うち27人が心肺停止の状態だったが、少なくとも24人の死亡が確認された。

 火元となった心療内科クリニック「西梅田こころとからだのクリニック」では17日午前、職場復帰を目指す患者らが集うプログラムが開かれていたとみられることが、通院女性の証言で明らかになった。狭いクリニック内に多くの患者が密集していた可能性がある。捜査関係者によると、50~60代の男性患者が放火した疑いがあることが分かっており、大阪府警が詳しい状況を調べている。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文785文字)

【大阪ビル放火】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集