古市古墳群の一部、追加 国指定史跡へ 文化審答申 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一部区域を国指定史跡に追加するよう答申された鍋塚古墳(中央)=藤井寺市提供
一部区域を国指定史跡に追加するよう答申された鍋塚古墳(中央)=藤井寺市提供

 国の文化審議会は17日、藤井寺市と羽曳野市に広がる「古市古墳群」を構成する鍋塚古墳(藤井寺市)と白鳥陵古墳(羽曳野市)について、一部区域を国指定史跡に追加するよう文部科学相に答申した。両古墳の指定範囲が約1400平方メートル増える。

 古市古墳群は4世紀後半から6世紀中ごろに相次いで造られた。鍋塚古…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

あわせて読みたい

ニュース特集