特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

2021年「この3冊」/下(その1)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『ポスト・ヒューマニズム』
『ポスト・ヒューマニズム』

 書評執筆者が薦める「この3冊」後編です。各ジャンルから光る作品を集めた人もいれば、今年を象徴するテーマで選んだ人も。この1年が凝縮した「本棚」です。

飯島洋一(多摩美術大教授・建築評論)

 <1>ポスト・ヒューマニズム テクノロジー時代の哲学入門

 岡本裕一朗著(NHK出版新書・968円)

 <2>エルサレム<以前>のアイヒマン 大量殺戮者の平穏な生活

 ベッティーナ・シュタングネト著、香月恵里訳(みすず書房・6820円)

この記事は有料記事です。

残り4483文字(全文4692文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集