アリババ、温室効果ガスの排出量15億トン減へ 35年までの新目標

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループは17日、出店業者などを含めた温室効果ガスの排出量を2035年までに計15億トン減らすとの新たな目標を明らかにした。脱炭素社会を目指す習近平指導部を強く意識した形。巨大IT企業への圧力をかわす狙いとみられる。

 英石油大手BPによると、中国の20年の二酸化炭素(CO2)排出量は約99億トンで世界最大…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集