障害者が市民農園で就労訓練 一歩踏み出すきっかけに 兵庫・川西

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
矢問農園の借りた区画でイチゴの苗の世話をする「ふぉーふーむ」の利用者ら=兵庫県川西市矢問東町で2021年12月3日午前11時41分、土居和弘撮影
矢問農園の借りた区画でイチゴの苗の世話をする「ふぉーふーむ」の利用者ら=兵庫県川西市矢問東町で2021年12月3日午前11時41分、土居和弘撮影

 兵庫県川西市にある障害者の就労支援事業所に通う人たちが5月から、市民農園の管理を引き受けている。事業所は「農業にはさまざまな作業があり、障害のある人たちが自信や生きがいを見つけ、一歩を踏み出すきっかけになる」と就労訓練に農業を取り入れており、高齢化に悩む市民農園側に手助けを申し出た。近年、障害者が農業を通じて社会参画を目指す「農福連携」が注目されており、事業所は農園管理を通じ新しい連携の形を模索している。

 市民農園は「矢問農園」(同市矢問東町)。NPO法人「百生一輝」が運営する障害者就労継続支援B型事業所「ふぉーふーむ」の利用者が週5日、通って作業をしている。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1821文字)

あわせて読みたい

ニュース特集