連載

ひと@東海

毎日新聞デジタルの「ひと@東海」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひと@東海

鬼師 岩月久美さん(54) 鬼瓦で新たな試み /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
コノハけいぶと並ぶ岩月久美さん=愛知県高浜市で2021年12月15日、太田敦子撮影
コノハけいぶと並ぶ岩月久美さん=愛知県高浜市で2021年12月15日、太田敦子撮影

 神社仏閣など日本家屋の屋根に飾られる鬼瓦を作る職人を「鬼師」と呼ぶ。全国有数の瓦の生産地、高浜市の岩月久美さん(54)は全国でも数少ない女性鬼師の1人。最近は身近に楽しめる作品も製作し、このうち愛知県警のマスコットキャラクター「コノハけいぶ」は地元の碧南署などに置かれ、見守り活動中だ。【太田敦子】

 瓦のコノハけいぶは11月、碧南署から女性の活躍をテーマに講演を依頼されたことをきっかけに生まれた。コノハズクをモデルにした愛らしいデザインを「瓦で表現したい」と思い立ち、県警に許可をもらった。本来のデザインは二次元。キーホルダーやぬいぐるみなどさまざまなグッズを資料に図面を起こし立体化した。「くちばしとかピストルケースとか鬼師の技にかけてリアルにしました」。

 高校卒業後は看護師の道を選んだ。1999年に鬼師の夫、秀之さん(54)と結婚。その2カ月前、秀之さんは実家の鬼瓦屋が倒産し、全てを失う。しかし、鬼瓦屋を再び立ち上げた。昼は鬼瓦屋で夫を手伝い、夜は看護師として働き生活を支えた。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1104文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集