特集

大阪ビル放火

2021年12月17日、大阪市の繁華街「北新地」の雑居ビルで火災が発生し、容疑者を含む27人が死亡しました。

特集一覧

容疑者名、逮捕前に異例の公表 大阪ビル放火「重大性考慮」と府警

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事件から一夜明けた放火現場の雑居ビル。内部では現場検証が行われた=大阪市北区で2021年12月18日午前10時53分、本社ヘリから加古信志撮影
事件から一夜明けた放火現場の雑居ビル。内部では現場検証が行われた=大阪市北区で2021年12月18日午前10時53分、本社ヘリから加古信志撮影

 大阪市北区曽根崎新地1の雑居ビルにある心療内科クリニックで24人が死亡した放火殺人事件で、大阪府警は19日未明、クリニックの患者だった谷本盛雄容疑者(61)=住所・職業ともに不詳=が事件に関与した疑いがあると特定した。逮捕前に容疑者名を公表するのは極めて異例。府警は現住建造物等放火と殺人の疑いで詳しい動機を調べている。

 火災は17日午前、ビル4階の「西梅田こころとからだのクリニック」で発生。目撃情報から、谷本容疑者が持参した液体入りの紙袋を蹴り倒し、漏れ出した液体に引火して燃え広がったとされる。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文507文字)

【大阪ビル放火】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集