浦和が大分を破り8度目V ACL出場権獲得 サッカー天皇杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【浦和-大分】大分に勝利して喜ぶ槙野(中央右)、西川(同左)ら浦和の選手たち=国立競技場で2021年12月19日、宮武祐希撮影
【浦和-大分】大分に勝利して喜ぶ槙野(中央右)、西川(同左)ら浦和の選手たち=国立競技場で2021年12月19日、宮武祐希撮影

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権は19日、東京・国立競技場で決勝があり、浦和が大分を2―1で降し、3大会ぶり8度目の優勝を飾った。1―0の後半終了間際に追い付かれたが、今季限りで退団する槙野が決勝ゴールを奪った。

 前身の三菱重工時代を含め、優勝回数は慶応BRB(全慶応)に並び大会最多。来季の…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

ニュース特集