特集

第4回全国高校eスポーツ選手権

スポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

吹田高の松田・浜口組V 全国高校eスポーツ・フォートナイト部門

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第4回全国高校eスポーツ選手権(フォートナイト部門)決勝大会で優勝した吹田高(大阪)の金メダルを掲げるMCのOooDa(オーダ)さん=東京都豊島区で2021年12月19日、北山夏帆撮影 拡大
第4回全国高校eスポーツ選手権(フォートナイト部門)決勝大会で優勝した吹田高(大阪)の金メダルを掲げるMCのOooDa(オーダ)さん=東京都豊島区で2021年12月19日、北山夏帆撮影

 高校対抗で対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第4回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催)の決勝大会が19日、開幕した。初日は初採用のシューティングゲーム「フォートナイト」部門があり、大阪府立吹田高の松田心さん(2年)、浜口優護さん(同)組が優勝した。

熱戦が繰り広げられる決勝大会(フォートナイト部門)を映したモニター=東京都豊島区で2021年12月19日、北山夏帆撮影 拡大
熱戦が繰り広げられる決勝大会(フォートナイト部門)を映したモニター=東京都豊島区で2021年12月19日、北山夏帆撮影

 フォートナイトは最大100人が島に降り立ち、生き残りを懸けて戦うシューティングゲーム。今大会は2人1組の「デュオ」形式を採用し、予選を勝ち抜いた40チームが計5試合を行い、順位ごとに割り振られる「生存ポイント」と、相手を倒すことで得られる「撃破ポイント」の総得点で争った。

 選手は学校や自宅などからオンラインで参加し、初代王者となった松田さんは「うれしすぎます」、浜口さんは「いい経験、いい思い出になった」と喜んだ。

 大会は25日に3人対3人のサッカーゲーム「ロケットリーグ」部門、26日に5人対5人で争う陣取りゲームの「リーグ・オブ・レジェンド」部門を実施する。【森野俊、杉本修作】

フォートナイト

 最大100人が一つの島に降り立ち、生き残りを目指すシューティングゲーム。今大会は2人1組のデュオ形式。40チームによる5回戦制で、順位ごとの「生存ポイント」と相手を倒した「撃破ポイント」の総得点で争う。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集