連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

百田尚樹さん「日本国紀」を読んで 読者軽視、ただ悲しい 単行本の誤り放置、文庫本で新たな誤記

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者が購入した「日本国紀」単行本初版と上下巻からなる文庫版。下巻の付箋は誤りが放置されていたり、単行本から修正されたりしていた箇所
記者が購入した「日本国紀」単行本初版と上下巻からなる文庫版。下巻の付箋は誤りが放置されていたり、単行本から修正されたりしていた箇所

 考え込んでしまった。作家・百田尚樹さんの文庫版「日本国紀」(11月17日発売)を読んで、である。単行本に対し指摘された数々の誤りが修正されたのは良いとして、なおも重大な誤りが放置されていたのだ。本を作るとはそういうことなのか。

 百田さんの小説はいくつか読んだ。時代小説「影法師」は、故藤沢周平さん好きの記者も引き込まれた。傑作だと思う。

 だが、文庫版「日本国紀」にはあきれかえった。

この記事は有料記事です。

残り2654文字(全文2846文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集