社会課題、若い挑戦求む 大津・人材育成会社、学生に資金支援 プレゼン通し審査 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リバースの協賛企業などの前でプレゼンテーションする学生(中央)=大津市瀬田2のtugumiで2021年12月10日午後8時24分、諸隈美紗稀撮影
リバースの協賛企業などの前でプレゼンテーションする学生(中央)=大津市瀬田2のtugumiで2021年12月10日午後8時24分、諸隈美紗稀撮影

 大津市の就職活動スペース「tugumi(ツグミ)」を運営する人材育成会社「Re―birth(リバース)」が、学生が考えた日常の疑問や社会課題の解決を目指すプロジェクトに対し、資金面で支援する取り組みを続けている。

 リバースの代表、竹林竜一さん(45)は「新型コロナウイルス禍でフィールドワークが無くなった学生たちが、実践しながら学べる機会を作りたい」と話す。支援するかどうかは学生のプレゼンテーションを聞いた他の学生やリバースの協賛企業による多数決で決定する。支援が決まると、月額1万~5万円が支給され…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

あわせて読みたい

ニュース特集