連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

バンド活動に没頭した高校時代=アーティスト・土佐信道さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
土佐信道さん
土佐信道さん

土佐信道(とさ・のぶみち)さん

 学校の思い出は、何と言っても部活動です。全ての経験が今につながっています。

 小学生のころは、目立ちたがり屋で、お楽しみ会にはいつも「ピンク・レディー」を踊りました。小学6年の秋に父の町工場が倒産して、兵庫県赤穂市から広島県呉市へ移住しました。貧乏でしたが、「心の貧乏と、お金の貧乏は違う」が母の口癖。展覧会へはよく行ったし、中学で始めた新聞配達のアルバイト代は趣味につぎ込みました。

 中学では思春期になり人前でバカなことができなくなりました。熱中したのがブラスバンド。強豪校で、担当したティンパニの腕前は、他校にファンクラブができるほどだったんです。部長として大会へ向けて部員をまとめる作業は、企画に向けてスタッフをまとめる今と似ています。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1059文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集