最悪19万9000人死亡 日本海溝・千島海溝地震被害想定 政府

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本海溝地震 推計した震度の分布と最大津波高
日本海溝地震 推計した震度の分布と最大津波高

 日本海溝沿いと千島海溝沿いで起きる二つの巨大地震を巡り、内閣府は21日、被害想定を発表した。最悪のケースで、日本海溝地震の場合は約19万9000人が死亡し、建物約22万棟が全壊・焼失し、経済的被害額は約31兆3000億円に上る。千島海溝地震は死者約10万人、全壊約8万4000棟、経済的被害額約16兆7000億円。一方で防災対策により被害を減らせることも強調し、死者数については、早期避難や津波避難ビル・タワーの整備などで最悪の想定から8割減らせるとの試算も示した。

 被害想定は事前の備えの必要性を国民に周知し、国や自治体の防災対策に活用してもらうため、中央防災会議の作業部会が検討を重ねてきた。二之湯智防災担当相は21日の記者会見で「減災、防災に力を入れて、命を守ることを最重要課題として取り組んでいきたい」と述べ、地方の財政負担を踏まえた措置を検討する考えを示した。政府は年明け以降に作業部会がまとめる提言を踏まえて具体的な防災対策を進める。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集