連載

リニアの行方

リニア中央新幹線静岡工区を巡る、静岡県とJR東海のさまざまな動きを詳報します。

連載一覧

リニアの行方

国有識者会議 知事、中間報告一定評価 水「全量戻し」巡り苦言 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中間報告の取りまとめについて、「有識者会議の皆様に感謝を申し上げたい」と述べた川勝平太知事=静岡市葵区の県庁で2021年12月20日、金子昇太撮影
中間報告の取りまとめについて、「有識者会議の皆様に感謝を申し上げたい」と述べた川勝平太知事=静岡市葵区の県庁で2021年12月20日、金子昇太撮影

 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、国土交通省の有識者会議(座長、福岡捷二・中央大研究開発機構教授)がまとめた中間報告について、川勝平太知事が20日、報道陣の囲み取材に応じた。川勝知事は「(取りまとめに)1年8カ月かかったが、県の専門部会に出なかったデータがJR東海から出た」と一定の評価をした。一方、住民説明会の開催を望む今後のJR東海の姿勢にクギを刺した。

 中間報告について一定の評価はしたものの、川勝知事は掘削でトンネル内に湧き出る水の「全量戻し」を取り上げ、「(水の)戻し方について書かれていない」と指摘。工事による生態系への影響についても「議論されていない」と苦言を呈した。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文763文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集