特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンの支配下で

「また遺体が…」仲間から届くメッセージ 報復おびえる元兵士

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タリバンからの「報復」を恐れて身を隠す元政府軍特殊部隊員の男性=首都カブールで2021年12月1日、松井聡撮影
タリバンからの「報復」を恐れて身を隠す元政府軍特殊部隊員の男性=首都カブールで2021年12月1日、松井聡撮影

 「見つかれば殺される」。崩壊したアフガニスタンのガニ政権時代にイスラム主義組織タリバンの掃討にあたった30代の元政府軍特殊部隊員が声を潜めた。8月15日にタリバンは首都カブールを制圧。「善悪の価値観が一日でひっくり返った」(40代の飲食店従業員)。国のために「敵」と戦った多くの元政府軍関係者はいま、報復をおそれて潜伏を余儀なくされている。

 「政府軍兵士がまた行方不明になったらしい」「新たな遺体が見つかったようだ」――。元特殊部隊員の男性の携帯電話には、同じく身を隠す同僚から毎日のようにメッセージが届く。…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1254文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集