連載

この1年

今年、各界で飛躍した著名人たちを振り返る。

連載一覧

この1年

文芸 超長期視点もつ橋本、村田作品 山本貴光さん/フィクション、書きにくい世に 田中和生さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「文芸時評」執筆者の田中和生さん=東京都千代田区で2021年12月10日、吉田航太撮影
「文芸時評」執筆者の田中和生さん=東京都千代田区で2021年12月10日、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスによって変化した日常が、人々の価値観を揺さぶった2021年。不安定な世界と作家たちはどう向き合ってきたのか。毎日新聞「文芸時評」欄の執筆者で文芸評論家の田中和生さんと、文芸誌『文芸』(河出書房新社)で21年冬季号まで「文芸季評」を連載した文筆家の山本貴光さんに、この1年で印象に残った作品5選を挙げて語り合ってもらった。【構成・関雄輔、写真・吉田航太】

 山本 「文芸季評」の最終回では“文芸”ど真ん中の作品ではなく、社会学者、岸政彦さん編の『東京の生活史』という本を中心に据えました。東京に縁のある人150人のライフヒストリーなのですが、聞き書きをなるべく加工せず載せていて、それがすごく面白い。いかにも作り物めいたものとは違う素のままの語りで、もともと文芸ってこういうものだったのかな、と思いながら読みました。

この記事は有料記事です。

残り3366文字(全文3732文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集