いわて銀河鉄道、2億円超の赤字 21年度決算見通し /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第三セクターのIGRいわて銀河鉄道は20日、2021年度の決算見通しについて、最終(当期)損益が約2億1984万円の赤字になると発表した。新型コロナウイルス下で発令された緊急事態宣言などで旅客運輸収入が減少したことが影響したという。最終赤字は3年連続、赤字額の2億円超は2年連続となる。

 21年度の営業収入は41億6785万円…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文344文字)

あわせて読みたい

ニュース特集