台湾問題を巡って「日本の態度に混乱」 米国で起きている誤解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米シンクタンク「ランド研究所」のジェフリー・ホーナン上席政治研究員=同研究所提供
米シンクタンク「ランド研究所」のジェフリー・ホーナン上席政治研究員=同研究所提供

 バイデン米政権が中国との戦略的競争を掲げる中、米国の政官界では台湾問題への日本の対応について関心が高まっている。だが東アジアの安全保障に詳しい米シンクタンク「ランド研究所」のジェフリー・ホーナン上級政治研究員は、日本の台湾政策について米国内で「ちょっとした混乱がある」と指摘する。ホーナン氏も「非常に緊密」と評価する日米の間で起きている「混乱」とは。【聞き手・秋山信一】

 ――日米同盟の現況をどう評価するか。米国から日本への期待は。

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1933文字)

あわせて読みたい

ニュース特集