英乃海と紫雷、違法賭博関与の疑い 相撲協会、初場所を謹慎休場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
両国国技館=本社ヘリから北山夏帆撮影
両国国技館=本社ヘリから北山夏帆撮影

 日本相撲協会は22日、ともに木瀬部屋に所属する前頭・英乃海(32)=本名・岩崎拓也=と、来年初場所(1月9日初日、東京・両国国技館)が新十両の紫雷(しでん、29歳)=本名・芝匠=が違法賭博への関与の疑いがあり、初場所を謹慎休場すると発表した。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「どういう違法賭博かは…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

ニュース特集