特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

センバツ 21世紀枠地区候補 丹生を表彰 「感謝し、最高の準備を」 /福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県高野連の山本寛会長から表彰盾を受け取る丹生の来田竹竜主将(中央)=越前町内郡の同校で2021年12月22日午後2時6分、大原翔撮影 拡大
県高野連の山本寛会長から表彰盾を受け取る丹生の来田竹竜主将(中央)=越前町内郡の同校で2021年12月22日午後2時6分、大原翔撮影

 来春の第94回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の「21世紀枠」で、北信越地区候補校に選ばれた県立丹生高校の表彰式が22日、越前町内郡の同校で行われた。県高野連の山本寛会長から表彰盾を受け取った来田竹竜(たける)主将(2年)は「地域の人や周りの環境に感謝し、出場して活躍できるよう最高の準備をしたい」と決意を述べた。

 丹生は今秋の県大会でベスト4に進出。北信越大会への第3代表決定戦では、同大会を制した敦賀気比に六回までリードするなど善戦した。グラブの代わりにスリッパを手にはめて行うノック練習で守備を強化したり、バドミントンなど他のスポーツを取り入れたりと、ユニークな練習で力を伸ばしている。

 山本会長は「(丹生がセンバツに出場すれば)福井の高校野球がさらに盛り上がる。引き続きやるべきことにしっかり打ち込んでほしい」と激励した。センバツへの出場校は来年1月28日の選考委員会で決定する。21世紀枠は丹生を含め9地区の候補から3校が選ばれる。丹生が21世紀枠に選ばれれば県内では初。また同校にとって1949年の創部以来、春夏を通じて初の甲子園出場となる。北信越地区からは第83回大会(2011年)の新潟県立佐渡高校以来、10年間選ばれていない。【大原翔】

あわせて読みたい

ニュース特集