特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

県が支援指針策定 ヤングケアラー早期発見へ 県独自アセスシート推奨 /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は22日、本来大人が担うと想定される家事や家族の世話を日常的に行っている子供「ヤングケアラー」の支援ガイドライン(指針)を策定した。「学校」と「地域」の連携や情報共有を明記し、支援を必要とする子供の早期発見に向け、県独自の「アセスメントシート」の活用を推奨した。支援者の声を反映した自治体の指針策定は全国初という。【梅田啓祐】

 県と支援団体などで構成する「ヤングケアラー支援ネットワーク会議」(座長=樋川隆・山梨学院短大教授)の会合で示された。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文637文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集