コンテナホテル開業 災害時に被災地へ移動 避難所の機能完備 八代 /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
災害時に客室を被災地へ運び、避難所としての機能を担う「コンテナホテル」
災害時に客室を被災地へ運び、避難所としての機能を担う「コンテナホテル」

 災害時に客室を被災地へ運び、避難所としての機能を担う「コンテナホテル」が22日、熊本県八代市にオープンした。市は21日、事業を運営するコンテナ建築メーカー「デベロップ」(千葉県市川市)と協定を締結し、災害時に提供を受けることが可能となった。

 13平方メートルのダブルルームなど3種類の客室計39室が並び、室…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

ニュース特集