米GDP確定値2.3%増 7~9月期、上方修正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米商務省が22日発表した2021年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確定値は年率換算で前期より2・3%増え、改定値の2・1%増から上方修正した。プラス成長は5四半期連続。

 ただ、伸び率は4~6月期の6・7%から減速した。半導体不足などの供給面の制約が悪影響を与えたのに加え、デルタ株…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい

ニュース特集