下吉田駅にフジファブリックの名曲流れる 志村正彦さん、24日命日

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
富士急行線下吉田駅に設置された志村さんの肖像パネルとプロジェクトの提案者の富士急行事業部の渡辺千春さん=山梨県富士吉田市で2021年12月22日午後2時10分、小田切敏雄撮影
富士急行線下吉田駅に設置された志村さんの肖像パネルとプロジェクトの提案者の富士急行事業部の渡辺千春さん=山梨県富士吉田市で2021年12月22日午後2時10分、小田切敏雄撮影

 山梨県富士吉田市出身で、ロックバンド「フジファブリック」のボーカルなどを担当し、2009年12月24日に29歳で早世した志村正彦さんが手掛けた「若者のすべて」と「茜色の夕日」の2曲が22日から、富士急行線下吉田駅(富士吉田市)のホームで、電車の接近を伝える音楽として流れている。命日を前に全国各地からファンらが駅を訪れ、志村さんをしのんでいる。

 バンドは志村さんらが地元の仲間と結成し、志村さんはギターや作詞、作曲も手掛けた。下吉田駅は生家に近く、駅周辺は楽曲創作の源泉となったエリアだ。駅ホームでの曲の活用は市立下吉田中学校の同級生で富士急行事業部に勤務する渡辺千春さん(41)が発案。志村さんの活動を伝え続けている同級生や会社とも話し合いプロジェクトを推進した。志村さんの曲には「さりげないやさしさがあって、前向きになれる」と渡辺さんは話す…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文799文字)

あわせて読みたい

ニュース特集