HIS社長「ガバナンス少し甘かった」 子会社GoToトラベル不正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見を終えて頭を下げて会場を後にするHISの沢田秀雄会長兼社長(左端)=東京都港区で2021年12月24日午後4時7分、小出洋平撮影
記者会見を終えて頭を下げて会場を後にするHISの沢田秀雄会長兼社長(左端)=東京都港区で2021年12月24日午後4時7分、小出洋平撮影

 政府の観光需要喚起策「GoToトラベル」の不正受給が、旅行業界をリードしてきた大手のエイチ・アイ・エス(HIS)の子会社で起きていた。HIS本体は不正への関与を否定したが、制度の悪用が相次ぐ業界への不信は高まりかねず、政府が2022年1月に予定するGoToトラベルの再開に影を落とした。

「むかついている」

 東京都内で24日に記者会見したHISの沢田秀雄会長兼社長は「ガバナンス(企業統治)は少し甘かったと思うので、もう一度見直していきたい」と不正に関わった子会社2社に対する監督責任を認めた。だが、…

この記事は有料記事です。

残り2096文字(全文2346文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集