温泉街に仮面の神々 奇怪な衣装に見物客も驚嘆 別府で現代芸術祭

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
不気味な仮面と衣装を着け、跳びはねる神事の参加者=別府市火売で2021年12月18日午後0時23分、大島透撮影
不気味な仮面と衣装を着け、跳びはねる神事の参加者=別府市火売で2021年12月18日午後0時23分、大島透撮影

 大分県別府市で始まった個展形式の現代芸術祭「in BEPPU」の初日の18日、不気味な仮面と衣装を着けた12人の市民やダンサーが火男火売(ほのおほのめ)神社から鉄輪温泉街まで練り歩く厄払いの神事を披露し、沿道の見物者を驚嘆させた。

 仮面や衣装は今年の招待作家、廣川玉枝さん(服飾デザイナー)制作で、神事は街頭…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集