特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

アベノマスク廃棄は「『損切り』をするということ」 鈴木財務相

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
閣議後の記者会見で質問に答える鈴木俊一財務相=東京都千代田区の財務省で2021年12月24日午後0時2分、町野幸撮影
閣議後の記者会見で質問に答える鈴木俊一財務相=東京都千代田区の財務省で2021年12月24日午後0時2分、町野幸撮影

 鈴木俊一財務相は24日の閣議後記者会見で、安倍政権が調達し余剰在庫となっている布マスク「アベノマスク」の2021年度中の廃棄に約6000万円の費用がかかる見通しであることについて問われ、「保管費用が年々かさむのでやむを得ない。『損切り』をするということだ」と述べ、多額の廃棄費用がかかることに理解を求めた。

 安倍政権が20年に調達した布マスクは約8000万枚が余剰在庫となり、倉庫に保管されている。20年8月から21年3月までの保管料は6億円に達している。岸田文雄首相は21日の記者会見で、マスクを希望者に配布した上で、残りは年度内をめどに廃棄することを表明した。廃棄には約6000万円の費用がかかる見通しで、SNS(ネット交流サービス)上などで批判の声が上がっている。鈴木氏はこうしたことについて「このま…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文647文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集