特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

宇野昌磨、コーチの一言で「迷いがなくなった」 全日本フィギュア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子ショートプログラムで、会心の演技に拳を握る宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナで2021年12月24日、手塚耕一郎撮影
男子ショートプログラムで、会心の演技に拳を握る宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナで2021年12月24日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの北京オリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は24日、さいたまスーパーアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、2018年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は冒頭で4回転フリップを着氷するなど好演技で101・88点の高得点を出し、羽生結弦に次いで2位につけた。男子の五輪代表枠は3。26日にフリーがあり、優勝者は自動的に代表に決まる。宇野の演技後の談話は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文666文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集