特集

第4回全国高校eスポーツ選手権

スポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

ロケットリーグ、N高が2連覇果たす 高校eスポーツ選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロケットリーグ部門で優勝し、表彰式でトロフィーを手にするN高の選手たち=東京都豊島区で2021年12月25日、幾島健太郎撮影 拡大
ロケットリーグ部門で優勝し、表彰式でトロフィーを手にするN高の選手たち=東京都豊島区で2021年12月25日、幾島健太郎撮影

 第4回全国高校eスポーツ選手権決勝大会は25日、3人対3人で争うサッカーゲーム「ロケットリーグ」部門が東京都内であり、N高(沖縄)が2連覇を果たした。準決勝ではN高が可児工高(岐阜)、福井工大福井高が阿南高専(徳島)をそれぞれ3―0で破った。決勝はN高が福井工大福井高に3―0で快勝した。予選には全国から161チーム(108校)が参加した。

 可児工高(岐阜)と阿南工高専(徳島)を含め、予選を勝ち抜いた4校が東京都内の会場に集結して対戦。1ゲーム5分間でゴール数を競い、3ゲーム先取のトーナメント戦で争った。優勝したN高の南川祥希さん(3年)は「みんなが活躍できて良かった」、村松健人さん(同)は「プレッシャーがすごかったが、うまくいって良かった」と笑顔を見せた。

 26日は5人対5人で争う陣取りゲームの「リーグ・オブ・レジェンド」部門が行われる。【森野俊、杉本修作】

ロケットリーグ

 ジャンプや飛行が可能な車両「バトルカー」を操作してゴールを狙うサッカーゲーム。今大会は1チーム3人、1ゲームを5分間で実施。同点の場合は延長戦を行い、先にゴールした方が勝利する「ゴールデンゴール方式」を採用。準決勝、決勝ともに3ゲーム先勝方式で行われた。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集