特集

第4回全国高校eスポーツ選手権

スポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

N高エース、攻守で格の違い見せる 高校eスポーツ選手権ロケットリーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロケットリーグ部門で優勝し、表彰式でトロフィーを手にするN高の選手たち=東京都豊島区で2021年12月25日、幾島健太郎撮影 拡大
ロケットリーグ部門で優勝し、表彰式でトロフィーを手にするN高の選手たち=東京都豊島区で2021年12月25日、幾島健太郎撮影

 高校対抗で対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第4回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会は25日、3人対3人のサッカーゲーム「ロケットリーグ」部門があった。N高(沖縄)はプロ選手のエースの活躍で2連覇を達成した。

 集まった他3チームが「打倒N高」と声をそろえて始まった決勝大会。連覇への期待も含め重圧がかかる中、「出場するために転校してきた」というN高のエースが、攻守で格の違いを見せた。

 自陣ゴール付近でも、南川祥希(3年)がボールを触れば数秒後には形勢が変わる。空中を舞いながらのドリブルで気付けば相手ゴール前。相手守備が2人がかりで自身を追っていると気付けば、フリーの味方に絶妙なパスを出し、ゴールをアシスト。準決勝では個人技での得点力が光ったが、決勝は完璧なサポートで圧倒した。

 プロチームにも所属する南川は、今回の選手権に人一倍強い思いがあった。別の学校に所属した高校1、2年時は、メンバーが集まらず出場すらできなかった。「一度でも出たい」と、取った手段は転校。選手が多く、前回大会優勝のN高を選んだ。

 練習では試合中の声かけ方法からチームメートを指導。試合ごとにリプレー映像を見ながら課題や良かった部分を解説し、個々の力を伸ばしていった。前回大会も優勝メンバーだった信本正吾(2年)は「説明が分かりやすく、カバーなどで動きやすくなった」と話す。

 最初で最後の高校選手権を終えた南川は「いい経験ができた。皆いいプレーができて良かった」。優勝トロフィーを手に、笑顔を見せた。【森野俊】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集