特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 都大路へ、気持ち高ぶる 男子、清風 女子、大阪薫英女学院 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の開会式が25日、京都市右京区の市体育館であった。府代表の清風(男子)と大阪薫英女学院(女子)の選手たちは、26日のレースに向けて気持ちを新たにした。

 13年ぶり35回目の出場となる清風の斎藤直監督は「選手たちはいつも通り淡々と自分の力を発揮してくれると思う。なにより都大路を楽しんでもらいたい。目標は8位入賞」と力を込めた。

 16年連続16回目出場となる大阪薫英女学院の安田功監督は「生徒たちは優勝を意識している。1年間、この大会に向けてやってきた。後は自分たちの力を出し切るだけ」と語り、2016年以来5年ぶりの全国制覇に向けて気持ちを高ぶらせていた。【山口敬人、中田博維】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集