特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバンの支配下で

音楽やめろ、女性雇うな…タリバンの要求にラジオ局代表の決断は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
閉鎖される前のラジオ局「ヒーラ」のスタジオ=カワシュ・ナンギャルさん提供
閉鎖される前のラジオ局「ヒーラ」のスタジオ=カワシュ・ナンギャルさん提供

 2021年11月21日昼、アフガニスタン東部ラグマン州で地元ラジオ局「ヒーラ」が閉局した。「ヒーラ」は地元の言葉で「希望」などを意味し、約2年間、女性の権利向上を訴えてきた。しかし、8月に復権したイスラム主義組織タリバンから、十数人いるスタッフのうち半分以上を占める女性の解雇などを求められ、運営が難しくなった。ヒーラ代表のカワシュ・ナンギャルさん(37)が言う。「アフガンのジャーナリズムの未来は暗雲に覆われている」

 「女性の権利を扱う放送をやめなさい。音楽を流すこともだめだ。女性のスタッフを男性に代えなさい」。11月下旬、ナンギャルさんはタリバン暫定政権の地元当局者からこう求められた。…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1355文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集