特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

つないだ!駆けた!都大路 女子・山田12位 男子・高知農30位 /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィニッシュする高知農の山岡秀選手=たけびしスタジアム京都で、望月亮一撮影 拡大
フィニッシュする高知農の山岡秀選手=たけびしスタジアム京都で、望月亮一撮影

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競争大会(毎日新聞社など主催)が26日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に開催された。県代表の男子・高知農は2時間8分43秒で30位、女子・山田は1時間10分42秒で12位だった。師走の都大路を全力で駆け抜けた選手たちに、スタジアムや沿道から惜しみないエールが送られた。【小宅洋介】

男子 全力疾走最後まで

 雪が降りしきる都大路で「花の1区」を走ったのはエースの岸本。「今まで支えてもらったたくさんの人たちのために頑張るんだ」。縦に伸びた集団に必死に食らいつき、14位で2区の江口に引き継いだ。

 たすきを受け取った江口は3キロの下り坂で天候とも戦いながら粘りの走りで22位に。続く3区・公文は初めての都大路を30位で駆け抜けた。「思うような走りができなかった」と悔しさをにじませながらも「来年にこの借りを返す」とリベンジを誓った。

 4区の安喜は約8キロを意地で食らいつき、36位で中継所へ。5区の中尾は区間30位、6区の長崎も区間24位と健闘し、それぞれ順位を二つずつ上げて32位に。「頼んだ!」。長崎はアンカーの先輩の背中を押し、思いを託した。

 受け取った山岡は「3年生として良い形で締めくくろう」と奮起。スタジアムでのラストスパートでは、全力疾走で前の選手を一人抜き去り30位でフィニッシュ。「チームのためを思って最後まで走ることができた」と振り返った。

 レース後、岸本主将は「今年は2年生がいっぱい頑張ってくれた。また来年も練習を頑張って、目標を達成してほしい」と後輩たちにエールを送った。

女子 会心の走りで健闘

フィニッシュする山田の吉松真穂選手=たけびしスタジアム京都で、望月亮一撮影 拡大
フィニッシュする山田の吉松真穂選手=たけびしスタジアム京都で、望月亮一撮影

 1区を走ったのは主将の尾崎。序盤からハイペースなレース展開となったが、足の痛みがある中でも全国の強豪相手に一歩も引かずエースとしての意地を見せた。コース1キロ地点では20位前後だった順位を11位まで上げ、圧巻の走りでたすきをつなぐ。

 「尾崎さんから受け取れる喜びをかみしめよう」。そんな気持ちでたすきを引き継いだのは2区の白木。後半にはペースが乱れ、気持ちの切り替えができなかったというが、粘りの走りで順位を一つあげた。

 3区の田所は2年ぶりに都大路の舞台に戻ってきた。「自分で順位を大幅に落としたらどうしよう」と不安だったが、ラスト500メートルの坂を必死に上り、10位台をキープ。「みんなに貢献する走り」を見せ、14位でつないだ。

 初めて都大路の舞台に立った4区の1年・石本。走る前は「プレッシャーでいっぱいだった」が、そんな不安を見せない快走で自己ベストを更新。区間15位の走りを見せ、「頑張れ!」と声を掛けてアンカーにたすきをつないだ。

 「背中を押された。行くしかない」。吉松は後輩から託されたたすきを手に、前方集団に「絶対に負けない」と気合を入れた。その決意通りスタートから4人の選手を追い越し、12位でフィニッシュ。「楽しかった」と声を弾ませて振り返った。


男子・高知農

 1区・岸本遼太郎(3)▽2区・江口誠悟(2)▽3区・公文拓翔(2)▽4区・安喜大晟(2)▽5区・中尾晟皐(2)▽6区・長崎海弥(2)▽7区・山岡秀(3)(敬称略、丸数字は学年)

女子・山田

 1区・尾崎光(3)▽2区・白木ひなの(2)▽3区・田所纏(3)▽4区・石本翔凪(1)▽5区・吉松真穂(2)(敬称略、丸数字は学年)

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集