特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ オミクロン株、入院リスクは低下 感染力は高く デルタ株比較

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オミクロン株の主な特徴
オミクロン株の主な特徴

 100を超える国や地域で感染が確認されているオミクロン株について、重症化に関する情報が徐々に集まってきた。南アフリカと英国からは、デルタ株に比べて入院リスクが低い可能性が報告されている。

 英インペリアル・カレッジ・ロンドンのチームはオミクロン株感染者約5万6000人をデルタ株の26万9000人と比較。オミクロン株の感染者は病院にかかるリスクが15~25%、一晩以上入院するリスクは40~45%低かった。また、英エディンバラ大のチームが英スコットランドの約540万人分のデータに基づき分析したところ、オミクロン株感染による入院リスクはデルタ株より3分の2低下していた。南アフリカのデータでも同様の傾向で、入院リスクはデルタ株など他の変異株に比べて70~80%低かった。ただ…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文844文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集