ニュース時事能力検定試験 若手校長3氏、教育ビジョン語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トークイベントに参加した(左上から時計回りに)柴山翔太校長、池田靖章校長、織田澤博樹校長
トークイベントに参加した(左上から時計回りに)柴山翔太校長、池田靖章校長、織田澤博樹校長

 改革意欲のある中学・高校長が学校づくりのビジョンを語り合うトークイベント「若手校長たちの教育探究未来志向の学校マネジメント」が4日開かれた。ニュース時事能力検定を主催する毎日教育総合研究所と毎日新聞社がウェブ会議システムで実施し、教育関係者ら約50人が参加した。

 いずれも私立学校で、香里ヌヴェール学院中高(大阪府寝屋川市)の池田靖章校長(37)▽青翔開智中高(鳥取市)の織田澤(おたざわ)博樹校長(41)▽福岡女子商業高(福岡県那珂川市)の柴山翔太校長(31)――が登壇。毎日新聞の中根正義記者がコーディネーターを務めた。

 公募で校長に就任した池田氏は「ワクワクする学校にしたい」と、校内での光のアートイベントなど多くの企画を立ち上げた。その結果、生徒数が3倍になった経験を紹介し「伝統校のノスタルジーとの闘いだった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文701文字)

あわせて読みたい

ニュース特集