連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

備える 危険が潜む、年末年始の暮らし

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ ライフスタイル>

 新型コロナウイルスの感染状況が低い水準のまま年の瀬を迎え、この冬は帰省する人も増えそうだ。新たな変異株への警戒はもちろんだが、年末年始は普段と違う生活行動や寒さで「転ぶ」「詰まる」「溺れる」といった思わぬ事故が起きやすい。注意すべきポイントをまとめた。

 ●餅は小さく切る

 東京消防庁によると、大掃除をすることが多い12月に転落などの事故で救急搬送される人は、他の月のほぼ2倍。エアコンや天井などの高所、廊下や階段、浴室など滑りやすい場所の掃除、はしごや脚立などを使う作業は特に注意が必要だ。「帰省する家族のために」と張り切り過ぎてけがをしては元も子もない。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1541文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集