特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝 男子・世羅V、2年連続 女子・仙台育英、2年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする(左)世羅の村上響=山崎一輝撮影、仙台育英の須郷柚菜=藤井達也撮影、たけびしスタジアム京都で2021年12月26日
1位でフィニッシュする(左)世羅の村上響=山崎一輝撮影、仙台育英の須郷柚菜=藤井達也撮影、たけびしスタジアム京都で2021年12月26日

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教育委員会主催、SGホールディングス特別協賛)は26日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われ、男子は世羅(広島)が大会歴代2位の2時間1分21秒で2年連続11回目の優勝を果たした。女子は仙台育英(宮城)が1時間7分16秒で2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 世羅は自校が持つ大会最多優勝記録を更新した。仙台育英は豊川(愛知)と並んでいた優勝回数を歴代単独トップとした。

 男子は7区間42・195キロ、女子は5区間21・0975キロのコースで争われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沿道での応援自粛を呼びかけて実施された。【荻野公一】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集