両親「瑛大はもう返ってこない」 猪苗代湖ボート事故初公判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事故で死亡した豊田瑛大さんの遺影を持って取材に応じる両親=福島市の福島地裁前で2021年12月27日午後3時11分、肥沼直寛撮影
事故で死亡した豊田瑛大さんの遺影を持って取材に応じる両親=福島市の福島地裁前で2021年12月27日午後3時11分、肥沼直寛撮影

 「事故を起こしたことは間違いありません。ただ、被害者が浮いているのは見えなかった」。会津若松市の猪苗代湖・中田浜沖で昨年9月、男児ら3人がプレジャーボートに巻き込まれ死傷した事故で、ボートを操縦し業務上過失致死傷罪に問われたいわき市の土木・建築会社社長、佐藤剛被告(44)は27日にあった福島地裁(三浦隆昭裁判長)の初公判で、はっきりとした口調でこう述べ、起訴内容を一部否認した。

 開廷5分前の午後1時55分ごろ、スーツ姿で法廷に入ってきた佐藤被告は証言台に立ち、検察側が起訴状を読み上げる間も身じろぎせずに聞いていた。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文903文字)

あわせて読みたい

ニュース特集